水虫4コマ劇場TOPへ 皮膚科疾患情報TOPへ
 

水虫は、水虫の人と直接足を触れ合うことがなくても、うつります。水虫の人が素足で履いたスリッパ、歩いた床や畳などに白癬菌(はくせんきん)がばらまかれているためです。
特にバスマットは、湿気を好む白癬菌が発育しやすいので、水虫の人がいる場合には、バスマットから他の人に水虫がうつります。
ばらまかれた白癬菌は足についても、付着した白癬菌が感染するには24時間以上かかります。角質層(かくしつそう)に入り込まない限り、菌は簡単に落とすことができますので、足の指の間までていねいに洗って乾燥させることを心がければ、白癬菌の感染を防ぐことができます。 ただし、足に傷があると12時間でも感染してしまいます。足を傷つけないために、ゴシゴシ洗いはやめましょう。